梅雨 部屋干し ニオイ

部屋干しでにおう原因とは

洗濯は梅雨の間も行わなければならない家事のひとつです。

 

雨が多いこの時期の洗濯はとても厄介に感じることでしょう。

 

雨が降っていないとしてもいつ降り出すかわかりません。

 

必然的に部屋干しをしなくてはなりません。

 

多くの人が部屋干しをしたくないと思う主な理由はニオイです。

 

むれたような、半乾きのときに生じやすいこのニオイは強力で、部屋中がこの悪臭に包まれることもあります。

 

しかし実のところ、このニオイの原因は梅雨や部屋干しにあるのではありません。

 

洗濯物そのものにあります。

 

洗濯時に落としきれなかった汚れにより雑菌が生じ、それらが悪臭の原因となるのです。

 

しかし、外に洗濯物を干す場合は太陽の光により殺菌効果を得ることができ雑菌の繁殖が阻まれます。

 

 

部屋干しのニオイ対策

梅雨の時期はこの殺菌効果が得られないため洗濯時にしっかりと汚れを落とすことがポイントとなってきます。

 

 

洗剤を入れて洗う前に、ぬるま湯などで軽くすすぎ汗や皮脂などを落とすようにすると効果的です。

 

最近では部屋干し専用の洗濯洗剤なども多くありますから梅雨時にはそうした専用洗剤を使用するのも良いでしょう。

 

 

さらに、気をつけたいのが洗濯物を保管する場所です。

 

人によっては洗濯層に直接汚れた洗濯物を入れるようですが、そうすると洗濯層の中で洗濯物がむれて雑菌が繁殖しやすくなります。

 

洗濯物にカビが生える原因ともなります。

 

湿った洗濯物はハンガーにかけておいたり、通気性の良いカゴに洗濯物を入れるようにするなどの工夫をしましょう。

部屋干し特有のニオイを消す関連ページ

梅雨の洗濯物
梅雨の時期になると洗濯物で悩んでしまうことが多々あります。部屋干しにするとイヤなニオイが充満し、不快に感じてしまうでしょう。ここでは梅雨の時期でも洗濯物のニオイが気にならないような対策を紹介していますので、ぜひ実践してみてください。
基本は部屋干し
梅雨時の洗濯物は外に干せないため、基本的に部屋干しとなります。しかし、部屋干しでは半乾きのようなイヤなニオイがどうしても気になってしまうでしょう。ここでは梅雨時でも安心して部屋干しできるテクニックを紹介していますので、ぜひお試しください。
省エネの部屋干し法
梅雨期の洗濯物は乾燥機を使ったり、エアコンの効いた部屋に干して乾かすことが多いかもしれませんが、それでは電気代がかかってしまいます。ここでは、梅雨期における省エネ部屋干し法をいくつか紹介していますので、ご活用いただければ幸いです。