梅雨 省エネ 部屋干し法

電気代を節約しながら部屋干ししましょう!

梅雨場の部屋干しはなかなかカラッと乾かず、湿っぽさが残ってしまいます。

 

エアコンの効いた部屋や乾燥機などで乾かせば良いのですが、洗濯のたびにそうした家電を使うとなると気になるのが電気代です。

 

そうでなくても今は省エネがところどころで謳われています。

 

省エネをしながら、しかも洗濯物をきちんと乾かせられる良い方法はないのでしょうか。

 

実はちょっとした工夫で洗濯物をしっかり乾かすことができます。

 

幾つかの方法を以下にご紹介しましょう。

 

部屋自体の除湿

まずは、部屋自体の除湿を行うことです。

 

これは比較的簡単に行えます。

 

新聞紙を部屋においておくだけで、新聞がある程度の湿気を吸収してくれます。

 

同じ原理で粉末の洗濯洗剤を少量、器に入れて部屋の隅においておくのも効果的です。

 

除湿材として効果を発揮してくれます。

 

使い終わった後は普通に洗濯洗剤として用いることができます。

 

干す場所を工夫

干す場所も工夫しましょう。

 

浴室に換気扇が付いているのであればそこは洗濯物を干すのにピッタリの場所となります。

 

干し方を工夫

干し方にもコツがあります。

 

なるべく空気が入るように、風が通るように意識して干しましょう。

 

大きな洗濯物と小さな洗濯物を交互に並べて干したり、ハンガーを立体的に組み合わせて洗濯物に空気が多く触れるようにするなど、様々な方法があります。

 

 

梅雨時は誰もが洗濯物に頭を悩ませています。

 

近所の人とアイデアを交換し合いながらいろんな方法を試してみるのも良いかもしれません。

省エネの部屋干し法関連ページ

梅雨の洗濯物
梅雨の時期になると洗濯物で悩んでしまうことが多々あります。部屋干しにするとイヤなニオイが充満し、不快に感じてしまうでしょう。ここでは梅雨の時期でも洗濯物のニオイが気にならないような対策を紹介していますので、ぜひ実践してみてください。
基本は部屋干し
梅雨時の洗濯物は外に干せないため、基本的に部屋干しとなります。しかし、部屋干しでは半乾きのようなイヤなニオイがどうしても気になってしまうでしょう。ここでは梅雨時でも安心して部屋干しできるテクニックを紹介していますので、ぜひお試しください。
部屋干し特有のニオイを消す
梅雨の時期には部屋干しをする方が多いと思いますが、部屋干しでは独特のイヤなニオイが気になってしまいます。ニオイの原因を知ることで、対策を立てることも可能です。ここでは梅雨期における部屋干しのニオイ対策についても紹介していますので、ぜひ実践してみてください。