梅雨 ニオイ 対策

梅雨場にはイヤなニオイで不快になりがちです

梅雨,ニオイ,対策

梅雨場を憂鬱にさせる原因のひとつはニオイといっても過言ではないでしょう。

 

洗濯物のニオイもそうですが、ニオイの原因となるものはそれだけではありません。

 

多くの人が頭を悩ませているのは台所のニオイと生ごみから生じるニオイです。

 

このニオイや嫌だからといって食事をしないわけにはいきません。

 

毎日どうしても料理をしなければなりませんし台所も使います。

 

梅雨の時期になるとどうして台所や生ごみのニオイが強烈になるのでしょうか。

 

梅雨場におけるニオイの原因と対策

原因は生ごみなどに発生する微生物です。

 

この微生物が野菜のくずなどのごみを分解する際、微量のガスが生じそれが嫌なニオイの原因です。

 

梅雨の時期は湿度が高くなります。

 

さらに通常生ごみの入った袋の中は温度が高く微生物が成長するのに最適な環境となります。

 

おまけに野菜や果物のくずなど栄養豊富な食材もあるわけですから微生物にとってこの上なく快適な場所となってしまうのです。

 

 

微生物の発生を完全にとどめることはできませんが、ある程度微生物の働きを抑えてニオイの発生を防ぐことはできます。

 

水分をある程度切ってから捨てる

まず、野菜くずなどを捨てる際は濡れたまま捨てるのではなく水分をある程度切ってから捨てるようにしましょう。

 

新聞紙など吸湿性の高いものにくるんで捨てるのも良い方法です。

 

消臭

消臭をするという方法もあります。

 

使い終わった後のお茶っ葉やコーヒーのかすなどには消臭効果があります。

 

これらをニオイの気になる場所においておくとよいでしょう。

 

しかし、これらもある程度水分を切ってから使わないと逆にカビの原因となってしまいます。

 

気をつけましょう。


梅雨のニオイ対策関連ページ

梅雨の掃除
梅雨の時期はカビが生えやすい環境にありますので、念入りに掃除しなければなりません。カビが生えやすい場所として台所や浴室、玄関、畳が挙げられますが、ここではそれぞれにおける梅雨期の掃除テクニックを紹介しています。
梅雨のカビとその対策
梅雨の時期になると、カビが生えやすくなってしまいます。効果的なカビ対策を実践することで、梅雨の時期でも快適に過ごせるようになるでしょう。ここでは梅雨期における具体的なカビ対策を紹介していますので、試してみてはいかがでしょうか。
部屋を乾燥させるコツ
梅雨の時期は部屋の湿度が高くなってしまいますが、建物にとって湿気は大敵です。場合によっては建物に大きなダメージを与えることもあります。ここでは、部屋を乾燥させるためのコツを紹介していますので、梅雨の時期にはぜひお試しください。
梅雨時のオススメスポット
梅雨だからといって、部屋にばかり閉じこもっていたのでは気が滅入ってしまいます。梅雨だからこそ、積極的に出かけてみてはいかがでしょうか。ここでは、梅雨時オススメスポットを厳選紹介していますので、ぜひお出かけください。
梅雨時のヘアケア
梅雨の時期は通常より湿度が高いため、髪がなかなかうまくまとまってくれません。ただ、キューティクルを適切にケアできれば、梅雨時でも髪のコンディションを整えることができます。ここでは梅雨時のヘアケア方法を紹介していますので、ぜひお試しください。