日本 梅雨入り 梅雨明け 時期

地域によって梅雨の時期は違います!

梅雨と聞くと多くの人は6月を思い浮かべることでしょう。

 

しかし実際のところ日本の北と南では一ヶ月ほど梅雨の時期が異なります。

 

梅雨は南から始まり北に向かっていきます。

 

梅雨入りの時期

日本で一番早く梅雨入りするのは沖縄です。

 

沖縄では毎年5月10日前後から梅雨が始まります。

 

梅雨の期間は場所に関わらずだいたい一ヵ月半ほどです。

 

梅雨が終わると本格的な夏が始まります

 

沖縄から少し北に上った九州は5月末ごろから梅雨が始まります。

 

九州とひとことで言っても実際は広い範囲ですから、九州の南北でも一週間ほどのずれがあります。

 

さらに北上して関東地方、東海地方、北陸地方と続きます。

 

関東は毎年6月10日ごろから梅雨が始まります。

 

東北北部の梅雨入りは6月中旬で7月末に梅雨明けします。

 

東北地方の夏が短いと感じるのはこの梅雨の時期のせいかもしれません。

 

梅雨入りと梅雨明けの時期を把握しましょう

もちろん毎年梅雨入りと梅雨明けの時期は多少前後します。

 

時には梅雨そのものの期間も異なり、梅雨入りが例年に比べて遅かったのに梅雨明けはいつもの年と同じだったということもあります。

 

梅雨の間は雨が続き、雨降りでなくてもじめじめとしたうっとうしい気候が続きます。

 

しかし、予め梅雨入り、梅雨明けに関して大体の時期を把握しておけば我慢しやすいことでしょう。

 

 

室内から聞く雨の音は心を落ち着かせリラックスさせる効果があるといわれています。

 

自宅でくつろぎながら雨の音を聞く、そんな梅雨の時期にしかできないリラクゼーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本の梅雨入りと梅雨明けの時期関連ページ

梅雨とは
梅雨は毎年起こる現象ですが、梅雨の定義や原因についてご存じでしょうか。梅雨の定義や原因を知っておくだけで、十分な備えをすることができます。ここでは梅雨の定期と原因を説明していますので、ご参考ください。
梅雨の特徴
梅雨の時期は常に一定の天候というわけではありません。梅雨の時期によって特徴があるのです。ここでは梅雨入り、梅雨の中休み、梅雨後半それぞれにおける特徴を説明しています。梅雨の特徴を知り、適切な対策を行なっていきましょう。
梅雨の名前の由来
梅雨という名称は、いったいどこから来ているのでしょうか。もともと梅雨という名称は中国語から来ていると言われています。それが日本に伝わり、今の名称になったという説が有力です。ここでは梅雨のルーツを紹介していますので、ぜひご覧ください。
梅雨と日本
梅雨があるのは日本だけだと思っている方もたくさんいるかもしれませんが、梅雨は日本だけでなくアジア諸国でも見られる現象です。ちなみに、日本以外のアジア諸国ではスコールという現象も見られますが、スコールと梅雨は異なる現象となっています。
梅雨入りと梅雨明けの発表
梅雨入りと梅雨明けは、毎年気象庁が発表しています。では、どのような天候になれば梅雨入り・梅雨明けが発表されるのでしょうか。ここでは、梅雨入りと梅雨明けが発表される条件について説明していますので、ぜひご参考ください。
梅雨のメリット
梅雨と言えばデメリットばかりが思い浮かびがちですが、実はメリットがあるということも知っておかなければなりません。水不足の回避や作物の成長、リラックス効果など、梅雨にはいろんなメリットがあるということも知っておきましょう。
梅雨のデメリット
梅雨にはさまざまなデメリットがあります。洗濯物が乾きにくい、外出が億劫になる、食材が傷みやすいなど、梅雨にはさまざまなデメリットがあるのです。ただし、梅雨のデメリットは解決することができます。梅雨のデメリットを解決すれば、イヤな梅雨の時期でも楽しく過ごせるでしょう。
梅雨前線の性質
梅雨前線は、いくつかの気団によって形成されます。また、梅雨前線は日本の南から北へと進む性質があるため、東北地方の梅雨入り時期が最も遅いでしょう。ここでは梅雨前線の性質についてわかりやすく説明しています。
梅雨と台風・豪雨
梅雨対策を効果的に実践するためには、梅雨前線の性質についての知識を身につけておくことがとても大切です。ここでは梅雨と台風・豪雨の関係を中心に、梅雨前線の性質について分かりやすく説明していますので、ぜひ梅雨対策にお役立てください。