梅雨前線 性質

梅雨前線はいくつかの気団で形成されます!

梅雨は梅雨前線により生じますが、梅雨が一ヶ月以上続くのはこの前線が停滞していることが原因です。

 

梅雨前線という名前は天気予報などでよく耳にしますが実際この梅雨前線とはなんのことなのかよくわからないという人は少なくないことでしょう。

 

この梅雨前線はその名の通り梅雨をもたらす前線のことですが、梅雨前線はこの時期に生じる幾つかの気団により形成されます。

 

東西南北にそれぞれ生じる気団がこの梅雨前線の元となるのです。

 

梅雨前線の特徴

東西に生じる気団(東:太平洋高気圧 西:長江気団)は雨雲を作り出します。

 

南北に生じる気団(南:熱帯モンスーン気団 北:オホーツク海高気圧)はこの雨雲を停滞させる働きをします。

 

こうした現象が日本の東部で生じこの雨雲がおおきくなり梅雨前線となります。

 

 

この梅雨前線はゆっくりと北上して行き、南から北へと徐々に梅雨入りしていきます。

 

日本で一番遅い梅雨入りは東北地方で6月中旬ごろ梅雨入りします。

 

 

梅雨前線は雷などが起きにくい乱層雲の弱い雨雲が特徴で、そのため梅雨の時期は全般的にシトシトと降る静かな雨が多くなります。

 

 

このように毎年必ずほぼ同じ時期にやってくる梅雨ですがそのメカニズムを理解すると今までとはちょっと違ったスケールで梅雨を感じるのではないでしょうか。

 

天気予報を見ながら気団の動きををぜひチェックしてみてください。

 

ちょっと天気予報士になったような気分が味わえることでしょう。

梅雨前線の性質関連ページ

梅雨とは
梅雨は毎年起こる現象ですが、梅雨の定義や原因についてご存じでしょうか。梅雨の定義や原因を知っておくだけで、十分な備えをすることができます。ここでは梅雨の定期と原因を説明していますので、ご参考ください。
梅雨の特徴
梅雨の時期は常に一定の天候というわけではありません。梅雨の時期によって特徴があるのです。ここでは梅雨入り、梅雨の中休み、梅雨後半それぞれにおける特徴を説明しています。梅雨の特徴を知り、適切な対策を行なっていきましょう。
梅雨の名前の由来
梅雨という名称は、いったいどこから来ているのでしょうか。もともと梅雨という名称は中国語から来ていると言われています。それが日本に伝わり、今の名称になったという説が有力です。ここでは梅雨のルーツを紹介していますので、ぜひご覧ください。
梅雨と日本
梅雨があるのは日本だけだと思っている方もたくさんいるかもしれませんが、梅雨は日本だけでなくアジア諸国でも見られる現象です。ちなみに、日本以外のアジア諸国ではスコールという現象も見られますが、スコールと梅雨は異なる現象となっています。
梅雨入りと梅雨明けの発表
梅雨入りと梅雨明けは、毎年気象庁が発表しています。では、どのような天候になれば梅雨入り・梅雨明けが発表されるのでしょうか。ここでは、梅雨入りと梅雨明けが発表される条件について説明していますので、ぜひご参考ください。
日本の梅雨入りと梅雨明けの時期
日本の梅雨入りと梅雨明けの時期は、地域によって異なっています。梅雨入りと梅雨明けは沖縄から始まり、北へと移動するのです。ここでは日本のそれぞれの地域における梅雨入りと梅雨明けの時期を紹介していますので、覚えておきましょう。
梅雨のメリット
梅雨と言えばデメリットばかりが思い浮かびがちですが、実はメリットがあるということも知っておかなければなりません。水不足の回避や作物の成長、リラックス効果など、梅雨にはいろんなメリットがあるということも知っておきましょう。
梅雨のデメリット
梅雨にはさまざまなデメリットがあります。洗濯物が乾きにくい、外出が億劫になる、食材が傷みやすいなど、梅雨にはさまざまなデメリットがあるのです。ただし、梅雨のデメリットは解決することができます。梅雨のデメリットを解決すれば、イヤな梅雨の時期でも楽しく過ごせるでしょう。
梅雨と台風・豪雨
梅雨対策を効果的に実践するためには、梅雨前線の性質についての知識を身につけておくことがとても大切です。ここでは梅雨と台風・豪雨の関係を中心に、梅雨前線の性質について分かりやすく説明していますので、ぜひ梅雨対策にお役立てください。