梅雨

梅雨の名称はどこから来てる?

梅雨,名称,名前

子どものころに「梅雨」と書いてどうして「つゆ」と読むのか不思議で仕方ありませんでした。

 

そんな疑問を抱いたことを思い出すこともないまま成長し何の抵抗もなく「梅雨―つゆ」が当然のこととなってきました。

 

ここではそんな疑問に答えるべく梅雨という名称のルーツをたどってみましょう。

 

梅雨という名称のルーツ

とはいっても実のところこの名称はなぞに包まれたままで正確なルーツは分かっていません。

 

もともと「梅雨」は中国語で日本語で言う「ばいう」という読み方が始まりでした。

 

ただなぜ「梅雨」と表記したのかは中国でも未だになぞのままとされています。

 

 

江戸時代に入り中国から「梅雨」が日本に伝わります。

 

ここでなぜ日本人が「梅雨」を「つゆ」と発音するのかが問題となります。

 

決定的な答えとなるものは存在しますが、様々な説があり、梅雨の時期特有の気候が食べ物をだめにするということから「費ゆ―ついゆ」とか、梅の実が熟し潰す季節ということで「潰ゆ―つゆ」、露の発音をそのまま当てた、などなどです。

 

 

雨季のひとつと言われる梅雨ですが、こうして考えると実のところ梅雨は日本の風物詩として多くの人から愛されていることが分かります。

 

確かに食物が傷みやすかったり、湿気で家事がしにくいなど困難がありますが、雨に濡れる植物を眺めたりしとしとという雨の音に耳を傾けたりと、風情を大切にする国民の思いがこの「梅雨」という名称に現れているのかもしれません。


梅雨の名前の由来関連ページ

梅雨とは
梅雨は毎年起こる現象ですが、梅雨の定義や原因についてご存じでしょうか。梅雨の定義や原因を知っておくだけで、十分な備えをすることができます。ここでは梅雨の定期と原因を説明していますので、ご参考ください。
梅雨の特徴
梅雨の時期は常に一定の天候というわけではありません。梅雨の時期によって特徴があるのです。ここでは梅雨入り、梅雨の中休み、梅雨後半それぞれにおける特徴を説明しています。梅雨の特徴を知り、適切な対策を行なっていきましょう。
梅雨と日本
梅雨があるのは日本だけだと思っている方もたくさんいるかもしれませんが、梅雨は日本だけでなくアジア諸国でも見られる現象です。ちなみに、日本以外のアジア諸国ではスコールという現象も見られますが、スコールと梅雨は異なる現象となっています。
梅雨入りと梅雨明けの発表
梅雨入りと梅雨明けは、毎年気象庁が発表しています。では、どのような天候になれば梅雨入り・梅雨明けが発表されるのでしょうか。ここでは、梅雨入りと梅雨明けが発表される条件について説明していますので、ぜひご参考ください。
日本の梅雨入りと梅雨明けの時期
日本の梅雨入りと梅雨明けの時期は、地域によって異なっています。梅雨入りと梅雨明けは沖縄から始まり、北へと移動するのです。ここでは日本のそれぞれの地域における梅雨入りと梅雨明けの時期を紹介していますので、覚えておきましょう。
梅雨のメリット
梅雨と言えばデメリットばかりが思い浮かびがちですが、実はメリットがあるということも知っておかなければなりません。水不足の回避や作物の成長、リラックス効果など、梅雨にはいろんなメリットがあるということも知っておきましょう。
梅雨のデメリット
梅雨にはさまざまなデメリットがあります。洗濯物が乾きにくい、外出が億劫になる、食材が傷みやすいなど、梅雨にはさまざまなデメリットがあるのです。ただし、梅雨のデメリットは解決することができます。梅雨のデメリットを解決すれば、イヤな梅雨の時期でも楽しく過ごせるでしょう。
梅雨前線の性質
梅雨前線は、いくつかの気団によって形成されます。また、梅雨前線は日本の南から北へと進む性質があるため、東北地方の梅雨入り時期が最も遅いでしょう。ここでは梅雨前線の性質についてわかりやすく説明しています。
梅雨と台風・豪雨
梅雨対策を効果的に実践するためには、梅雨前線の性質についての知識を身につけておくことがとても大切です。ここでは梅雨と台風・豪雨の関係を中心に、梅雨前線の性質について分かりやすく説明していますので、ぜひ梅雨対策にお役立てください。