梅雨

梅雨とはそもそも何のことなのでしょうか?

梅雨,定義,原因

梅雨は毎年必ずおとずれる気象現象ですが、実際のところ梅雨とは何かと問われるとなんて答えたらよいか分からないという人は少なくないようです。

 

梅雨は単に雨や曇りの日が長期間続くことと思っている人も少なくありません。

 

もちろんそれもまちがいとはいえませんが、ここでは少し専門的な角度から梅雨とはどんな状態のことを言うのか、なぜ起きるのか見てみましょう。

 

梅雨入りと梅雨明け

梅雨入り・梅雨明けの時期は毎年気象庁が発表します。

 

どの年もだいたい同じ時期となりますが、梅雨入りとして判断される要素にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

それにはこの時期に生じる特有の気団配置が関係してきます。

 

毎年5月の終わりごろに日本の近くで偏西風が吹きます。

 

この偏西風に導かれて4つの気団が生じます。

 

東には太平洋高気圧と呼ばれる高温多湿の気団、西には長江気団という乾燥した大陸性気団、南は熱帯モンスーン気団、北はオホーツク海高気圧といった気団です。

 

東の湿った空気と西の乾燥した空気が混ざり合い空気が上昇することで上空には大きな雨雲が形成されます。

 

北と南の高気圧のぶつかる力はほぼ同じためどちらも流れることなく、この大きな雨雲は日本に停滞することになります。

 

これが梅雨前線と呼ばれるものです。

 

 

毎年ほぼ同じ時期にこうした現象が生じるということを考えると自然界の見えない規則に驚きが隠せません。

 

さらに、梅雨に関するこうした知識があれば前もって梅雨に備えて十分に備えができます。


梅雨とは関連ページ

梅雨の特徴
梅雨の時期は常に一定の天候というわけではありません。梅雨の時期によって特徴があるのです。ここでは梅雨入り、梅雨の中休み、梅雨後半それぞれにおける特徴を説明しています。梅雨の特徴を知り、適切な対策を行なっていきましょう。
梅雨の名前の由来
梅雨という名称は、いったいどこから来ているのでしょうか。もともと梅雨という名称は中国語から来ていると言われています。それが日本に伝わり、今の名称になったという説が有力です。ここでは梅雨のルーツを紹介していますので、ぜひご覧ください。
梅雨と日本
梅雨があるのは日本だけだと思っている方もたくさんいるかもしれませんが、梅雨は日本だけでなくアジア諸国でも見られる現象です。ちなみに、日本以外のアジア諸国ではスコールという現象も見られますが、スコールと梅雨は異なる現象となっています。
梅雨入りと梅雨明けの発表
梅雨入りと梅雨明けは、毎年気象庁が発表しています。では、どのような天候になれば梅雨入り・梅雨明けが発表されるのでしょうか。ここでは、梅雨入りと梅雨明けが発表される条件について説明していますので、ぜひご参考ください。
日本の梅雨入りと梅雨明けの時期
日本の梅雨入りと梅雨明けの時期は、地域によって異なっています。梅雨入りと梅雨明けは沖縄から始まり、北へと移動するのです。ここでは日本のそれぞれの地域における梅雨入りと梅雨明けの時期を紹介していますので、覚えておきましょう。
梅雨のメリット
梅雨と言えばデメリットばかりが思い浮かびがちですが、実はメリットがあるということも知っておかなければなりません。水不足の回避や作物の成長、リラックス効果など、梅雨にはいろんなメリットがあるということも知っておきましょう。
梅雨のデメリット
梅雨にはさまざまなデメリットがあります。洗濯物が乾きにくい、外出が億劫になる、食材が傷みやすいなど、梅雨にはさまざまなデメリットがあるのです。ただし、梅雨のデメリットは解決することができます。梅雨のデメリットを解決すれば、イヤな梅雨の時期でも楽しく過ごせるでしょう。
梅雨前線の性質
梅雨前線は、いくつかの気団によって形成されます。また、梅雨前線は日本の南から北へと進む性質があるため、東北地方の梅雨入り時期が最も遅いでしょう。ここでは梅雨前線の性質についてわかりやすく説明しています。
梅雨と台風・豪雨
梅雨対策を効果的に実践するためには、梅雨前線の性質についての知識を身につけておくことがとても大切です。ここでは梅雨と台風・豪雨の関係を中心に、梅雨前線の性質について分かりやすく説明していますので、ぜひ梅雨対策にお役立てください。