梅雨 寝不足 対策

梅雨期の睡眠不足は体に負担がかかります!

梅雨の時期は体がなんとなくだるく疲れやすいものです。

 

しかしだからといって夜ぐっすり眠れるかというと実はそうでもありません。

 

梅雨時は湿度が高く夜蒸し暑くなることも珍しくありません。

 

そうなるとなかなか熟睡できません。

 

しかし、ただでさえ疲れやすい梅雨の時期、睡眠不足では体にとってさらに大きなダメージを与えることになります。

 

梅雨時もぐっすり安眠するためにどんな手段を講じることができるでしょうか。

 

以下に幾つかの方法を見てみましょう。

 

エアコンの使用

まず一番簡単なのはエアコンを使う方法です。

 

体が眠りに付きやすいのは26度くらいで湿度が50から60パーセントの環境です。

 

しかし、エアコンを付けたまま寝ると気になるのは電気代です。

 

そのような場合は、タイマーを設定して30分後もしくは1時間後に自動的に電源が切れるようにしておくと良いでしょう。

 

適度な日光を浴びる

さらに、梅雨時になかなか熟睡できない理由として、日中日光に当たる時間が少ないということも挙げられます。

 

一般に日中、適度な日光を浴びることで体内時計が調整され夜気持ちよく眠りに付くことができます。

 

しかし、梅雨の時期は曇りや雨の日が多くなかなか太陽を見ることができません。

 

ですから、少しでも太陽が顔を出しているときには散歩に出かけたり、曇りの日もなるべく外に出るようにするなどして日の光を浴びるように意識しましょう。

 

 

太陽がのぞいているときには部屋の中に布団を広げて日光が当たるようにしましょう。

 

そうすることで湿気が飛び、気持ちよい布団で眠ることができます。

梅雨時の寝不足対策関連ページ

梅雨時の健康管理
梅雨時には、だれでも体が疲れやすくなってしまいます。梅雨の時期を乗り越えるためには、日頃から健康管理を徹底することがとても大切です。ここでは梅雨時における健康管理の方法などを紹介していますので、ぜひお試しください。
梅雨特有の病気、湿邪
梅雨の時期になると、湿邪という病気にかかる人が多くなります。湿邪にかかると下痢や便秘、消化不良などの症状が表れるため、予防を心がけることがとても大切です。ここでは湿邪の特徴についても詳しく説明しています。
梅雨時の食事対策
梅雨時には、食事対策を行うことがとても大切です。食事対策を行わないと、食中毒にかかってしまうこともあるでしょう。ここでは梅雨時における効果的な食事対策を詳しく紹介していますので、ぜひ試していただければと思います。
梅雨に傷みやすい食べ物
梅雨の時期になると、食べ物が傷みやすいため管理をしっかり行わなければなりません。ここでは梅雨の時期に傷みやすい食べ物と、その管理方法について具体的に紹介していますので、ぜひお試しいただければと思います。
梅雨に食べ物を傷めないためには
梅雨の時期には食中毒による事故が多発します。食中毒にならないためには、食べ物を傷めないことが大切です。ここでは、梅雨期における衛生面と衛生面以外で食べ物が傷めない方法を紹介していますので、参考にしていただければと思います。