梅雨 傷みやすい 食べ物

食べ物をしっかり管理しよう!

梅雨時には食べ物をしっかり管理することも必要です。

 

梅雨時の独特の暑さと湿気で食べ物が驚くほどの勢いで傷んでいきます。

 

こうして傷んでカビた食べ物はおいしくないだけでなく食中毒などを引き起こす原因ともなり、ひどい場合には命をも落としかねません。

 

しかし、ちょっと気をつければ多くの場合こうした自体は避けられます。

 

カビが生えやすい食材

カビが生えやすい食材としてはジャム、味噌、パン、チーズなどが挙げられるでしょう。

 

ジャム・味噌

ジャムや味噌は開封後はなるべく早く使い切るようにし、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

パン

パンに生えるカビは特に危険とされています。

 

パンの買い置きは避けるようにしてなるべく風通しの良い場所に保管するようにしましょう。

 

冷凍して食べるときにはトースターで焼くというのも良い方法です。

 

チーズ

チーズはもともと発酵食品で中にはカビを利用したものもありますが、チーズを作る過程で用いられるカビと、商品開封後に生じるカビとではカビの種類が全く異なります。

 

チーズもパッケージに記されている指示に従ってきちんと管理するようにしましょう。

 

その他のおかず

食べ残したおかずなどもすぐに冷蔵庫に入れるようにし、なるべく早く食べきるようにしましょう。

 

常温に長時間置かれたおかずは見た目やニオイに変化がなくても傷んでいることがありますから気をつけましょう。

 

 

食べ物の管理は家族全員の協力が欠かせません。

 

子どもたちに傷んだ食べ物の危険性などを教えることも大切になってきます。

梅雨に傷みやすい食べ物関連ページ

梅雨時の健康管理
梅雨時には、だれでも体が疲れやすくなってしまいます。梅雨の時期を乗り越えるためには、日頃から健康管理を徹底することがとても大切です。ここでは梅雨時における健康管理の方法などを紹介していますので、ぜひお試しください。
梅雨特有の病気、湿邪
梅雨の時期になると、湿邪という病気にかかる人が多くなります。湿邪にかかると下痢や便秘、消化不良などの症状が表れるため、予防を心がけることがとても大切です。ここでは湿邪の特徴についても詳しく説明しています。
梅雨時の寝不足対策
梅雨時には湿度が高く、蒸し暑い夜が続くため、寝不足に陥ってしまうことも多々あります。寝不足が続くと体調が悪くなってしまうこともあるでしょう。ここでは梅雨時でも寝不足に陥らないための具体的な対策を紹介していますので、ぜひお試しください。
梅雨時の食事対策
梅雨時には、食事対策を行うことがとても大切です。食事対策を行わないと、食中毒にかかってしまうこともあるでしょう。ここでは梅雨時における効果的な食事対策を詳しく紹介していますので、ぜひ試していただければと思います。
梅雨に食べ物を傷めないためには
梅雨の時期には食中毒による事故が多発します。食中毒にならないためには、食べ物を傷めないことが大切です。ここでは、梅雨期における衛生面と衛生面以外で食べ物が傷めない方法を紹介していますので、参考にしていただければと思います。