梅雨 病気 湿邪

梅雨期は体調管理が大切です!

梅雨の時期は天候が不安定なため容易に体調を崩しやすくなります。

 

温度差も激しいので体がその差についていけず風邪を引いてしまう人も多くいます。

 

 

このように免疫力が低下した状態では、体の抵抗力も弱っており、ちょっと古い食材や傷んだおかずなどにも体が反応してしまい食中毒にかかってしまうこともあります。

 

そのため梅雨時の体調管理はしっかり行う必要があります。

 

 

梅雨期に見られる病気 湿邪

梅雨場特有の病気として湿邪という病気があります。

 

この名前を初めて聞いたという人も少なくないことでしょう。

 

この湿邪は梅雨場にかかりやすく実際この病気を知っているかどうかに関わらず毎年多くの人がこの病気にかかっているといわれています。

 

症状としてはどのような特徴があるのでしょうか。

 

湿邪の症状

人によって個人差はありますが消化器系に影響を及ぼし、下痢や便秘、消化不良などを引き起こします。

 

膀胱炎が引き起こされそれにより排尿に異常が現れることもあります。

 

さらに湿度が高いためある種の皮膚病が悪化したり傷口が膿んでしまったりという症状も見られます。

 

 

 

この湿邪は湿度の高い場所に長時間いたり、長時間全身雨に濡れた状態にかかりやすい病気といわれています。

 

ですから、なるべく部屋に風が通るように工夫し、外出時も万が一の雨に備えて雨具を携帯するなど具体的な対策を講じることが必要です。

 

 

他にも少し疲れ気味かな、と思ったら無理をせず休息を取るようにするなど自分の体調をコントロールすることも大切になってきます。

梅雨特有の病気、湿邪関連ページ

梅雨時の健康管理
梅雨時には、だれでも体が疲れやすくなってしまいます。梅雨の時期を乗り越えるためには、日頃から健康管理を徹底することがとても大切です。ここでは梅雨時における健康管理の方法などを紹介していますので、ぜひお試しください。
梅雨時の寝不足対策
梅雨時には湿度が高く、蒸し暑い夜が続くため、寝不足に陥ってしまうことも多々あります。寝不足が続くと体調が悪くなってしまうこともあるでしょう。ここでは梅雨時でも寝不足に陥らないための具体的な対策を紹介していますので、ぜひお試しください。
梅雨時の食事対策
梅雨時には、食事対策を行うことがとても大切です。食事対策を行わないと、食中毒にかかってしまうこともあるでしょう。ここでは梅雨時における効果的な食事対策を詳しく紹介していますので、ぜひ試していただければと思います。
梅雨に傷みやすい食べ物
梅雨の時期になると、食べ物が傷みやすいため管理をしっかり行わなければなりません。ここでは梅雨の時期に傷みやすい食べ物と、その管理方法について具体的に紹介していますので、ぜひお試しいただければと思います。
梅雨に食べ物を傷めないためには
梅雨の時期には食中毒による事故が多発します。食中毒にならないためには、食べ物を傷めないことが大切です。ここでは、梅雨期における衛生面と衛生面以外で食べ物が傷めない方法を紹介していますので、参考にしていただければと思います。